自宅にいてもいろいろな娯楽が楽しめる時代になりました

自宅にいながらにして楽しむ娯楽の代表格は、家で映画などのビデオを見たり、ゲームを楽しんだりといったことです。
昔はテレビを見ながらごろごろするしかなかったインドア型の娯楽も、
インターネットの登場を機にがらりと様変わりしました。
インターネットのおかげで、家にいながらにして人と接点を持ったり、交流することかできるようになったからです。
ブログ、動画投稿などでの情報発信のほか、チャットで直接文章や音声で他の人と話し合ったり、
といったこともできるようになりました。
家の中で一人、あるいは友達同士集まって数人でプレイするしかなかったゲームですら、
インターネットのおかげで様変わりしました。
インターネットに常時接続してプレイするオンラインゲームが登場してからは、
ゲーム内で他のプレイヤーと対戦をしたり、協力しあうことが当たり前になりつつあります。
最近ではオンラインゲームに限らず、家庭用のゲームにおいても、
インターネットを通じて対戦プレイや協力プレイができるものが急増しています。
さらに地上デジタル放送になってから、テレビをインターネットにつないでいろいろな情報を手にすることや、
投票をするなどの双方向的なこともできるようになりました。
昔は観光スポットなどに直接行かなければ手に入らなかったお土産も、
今ではネットショップのお取り寄せで簡単に入手できるようになりました。
普段、多額の旅費をかけなければ行けない地方の名産品も、ネットショップをのぞけば、クリック一つで購入できるのです。
娯楽のみならず、勉強もインターネットがその形を変えつつあります。
最近は学習塾のチェーンの中にも、インターネットランキングを取り入れて、
ゲーム形式の計算問題などを塾に通っている子供たちにさせて、互いに競わせるようなことを行っているところが多くなってきました。
このような塾に通っている子供たちは、家庭用ゲーム機があるのが当たり前の時代に生まれ育っていますので、
まるでゲームをするような感覚で勉強に取り組んでいます。